FC2ブログ

釈宗演禅師と常高寺

9月26日
今年も常高院忌が執り行われました。

法事

常高院(初)の菩提寺でもある常高寺では
毎年9月27日(今年は1日早い26日でした)
常高院忌法要と講演会が行われます。

今年の講演会は
「明治の傑僧釈宗演禅師と常高寺」という演題で
常高寺の御住職が自ら講師を務められました。
今年は釈宗演禅師の没後百年の年でもあり、
御住職の並々ならぬ思いの伝わる講演会でした。

講演会 1

釈宗演禅師の幼少の頃のお話しで
もともとはお兄さんが出家を望んだものの
家を継がねばならぬと言うことで次男の釈宗演禅師が
身代わりに出家されたというのも少し意外なエピソードでした。

出家後京都に旅立つ時に、
兄を含め周りの人々が
「大寺をもつように」「高僧になるように」と
修行して偉くなるようねがったのに対し
両親は「達者で暮らせよ」と
修行に旅立つ子の健康を願ったそうですが
越渓老漢の弟子になるのはありがたい事なれど
修行がどのようなものか深く知りもせず
子供ならではの怖い物知らずの好奇心で
出家を決めた我が子を思う親心は・・・・

釈宗演禅師の没後百年
高浜には縁の場所が多く残っています。
行楽の秋巡ってみてはいかがでしょうか



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)