4月15日佐久間艇長遺徳顕彰式典が開催されました

平成28年度 佐久間艇長遺徳顕彰式典

趣旨
わが郷土が生んだ佐久間勉艇長は、明治43年4月15日に 、
山口県新湊沖において第六潜水艇の半潜航訓練中に殉難された。

その殉難の日に、佐久間艇長の遺徳を偲び、
後世にその人となりを語り継ぐために顕彰式典を開催する 。

20160423181140d14[1] 20160423180900371[1]

【日 時】 平成28年4月15日(水)  10:00から
【会 場】  若狭町北前川 佐久間艇長顕彰碑前

2016042711481558f[1]

201604271150494c0[1]

20160427114946902[1]
               
                       行進曲 「軍艦」

            演奏 ・ 海上自衛隊 舞鶴音楽隊舞鶴の皆さん

     国家斉唱  「君が代」

>国家斉唱 10


旗 2
      航空自衛隊 補給本部 の皆さん

スピーチ 10

在日アメリカ海軍作戦部長 参謀補佐官 ジョン・T・ピタ中佐のスピーチ


I花束 贈呈

    明倫小学校のみなさんの花束贈呈


WELCOME TO WAKASA-TYO WHERE WE LIVE IN.

若狭町にようこそいらっしゃいました。
私は、佐久間勉さんが小学校時代に通っていた明倫小学校の児童です。

明倫小学校には、佐久間さんゆかりのものがあります。
まず、校門のそばにある銅像です。
銅像の佐久間さんは、少しほほえんでいるようにも見えて、
毎朝、登校した私達をやさしくむかえてくれているようです。
また、校長室には、佐久間さんが書いた、
「脩己以敬克持其身(おのれをいさめ、もってけいし、よくそのみをじす)」
という言葉が飾ってあります。
難しい言葉ですが、「心を引きしめて、自分自身を高める」という意味だそうです。

艇長

そして、佐久間さんの写真といっしょに、
佐久間さんのお父さんにあたる、佐久間よしもりさんの写真も飾ってあります。
明倫小学校は、開校して140年ほどたちますが、
その最初の校長先生が、佐久間よしもりさんです。
このように、佐久間さんと明倫小学校とは、とても深いつながりがあります。

本 2


先日、
佐久間さんのことがくわしく書かれている「12時40分なり」という本を読みました。
佐久間さんは、子どものころは、うちきでおとなしく、
特に目立つ子どもではなかったそうですが、
仲間思いで、決まりやれいぎを大事にする、勉強熱心な人と書いてありました。
最後まで、部下のことを考え、自分の仕事をやりきった佐久間さんの行動のもとは、
小学校時代に身についたものなんだと思いました。

今、私にも友達がいて、いっしょに勉強したり遊んだりして学校生活を送っています。
時々、勉強で大変なこともありますが、
よわねをはかずに、最後まで努力を続けることは、
昔も今も変わらず、大切なことなんだと思いました。
私は、佐久間さんのことを知れば知るほど、
同じ学校に通っていることをほこりに思います。

佐久間さんのような立派なことはできなくても、
友達を大切にすることや、
勉強や遊びに一生懸命とりくむことを忘れずに、
これからも、佐久間さんのこうはいとして、
はずかしくない生活を送っていきます。    
  

平成二十八年四月十五日
     明倫小学校六年 山田実侑 谷保愛

       弔銃 発射   「命をすてて」

  発射 10

20160427115208ad0[1]

http://kouyouan.sakura.ne.jp/sakumateityou.htm

      献花   「ロマネスク」

碑

          写真・資料・提供 若狭町教育委員会


   
   もてなしの会14名による 「艇長カレー」 の振る舞い

カレー 3

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)