FC2ブログ

今年も終わりですね

皆さーん
メリークリスマース
小浜はホワイトクリスマスではありませんでした…
皆さんの住んでる所はどうでしたか

さてクリスマスが過ぎると
いよいよ今年も終わりなんだなー
となるのですが
毎年、年の瀬の耕養庵は正月餅・鏡餅・小餅と大格闘しているので
気がついたら大晦日!?という感じです。
なので今年のブログの更新は多分これが最後となります。
この時期、お酒を飲む機会も多くなりますが、
皆さんはビール派それともワイン派ですか?
      (最近は焼酎派の人も多いですよね。)

年末・年始はちょっと特別なお酒で乾杯したいな
という方にオススメしたいのがこれ

わかさ冨士「白貴」  (冬季限定・本生)

白貴


わかさ冨士さんは小浜で古くから(創業嘉永3年)お酒を造っている蔵元さんです。
古から「御食国(みけつくに)」と呼ばれたこの小浜のお米と水で造られる
ここのお酒は地元だけでなく県外にもファンが多いと聞きます。
このわかさ冨士さんが冬季限定で造っているのが「白貴」です。
瓶の中が白いのは瓶の中で発酵が続く活性濁り酒だからです。
        (写真がヘタだからじゃありませんよ

今のような清酒の製造法が確立される前の日本では、濁り酒の「白貴」と、
木炭で濁りを沈殿させた「黒貴」という二種類のお酒があったと言われています。
その昔を偲んで、「白貴」の名が付けられたそうです。

この「白貴」は濁り酒特有の優しい甘味と微かな炭酸の喉越しが味わえるので、
日本酒が苦手な方にもオススメですよー

ちなみに社名の「わかさ冨士」は若狭高浜にある「青葉山」の別名です。
小浜方面から見た山の姿がまるで富士山の様に見えるのです
(この「わかさ冨士」に3回雪が積もったら山の裾野に広がる村々にも雪が降るのだとか!?)

お父さんは わかさ冨士「白貴」 (冬季限定・本生)を

おかあさんは 
     耕養庵の 冬のおすすめ 「葛ようかん・ 禅味 空  ・禅味 大黒 」を
          おいしく 食しながら 除夜の鐘 「百八の鐘」を お楽しみ下さい。

葛羊羹6個箱3-2


   良いお年! お迎えくださいませ。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)