FC2ブログ

耕養庵近況あれこれ

お久しぶりのモーリーです。
三月も後半になりましたが、暖かかったり寒かったり
不安定な気候が続きますね。
(ちなみに今日小浜では雪がちらつきました。)

【近況その1】
3月18日 「得するまちのゼミナール」企画として
耕養庵の店内で講演会が開かれました。
講師に国立舞高専人文科学科教授 村上美登志先生をお招きして
古くから和久里地区で6年毎の子と午の年に奉納される
「和久里狂言」の京都壬生狂言に相通じる世界を
やさしく解説していただきました。

タイトル3
今回の講演会の演題と講師の村上先生

当日はあいにくの雨模様でしたが
定員を上回る受講者の数にびっくりしました。
先生のお話も時折笑いを交え、とても面白くあっという間の1時間でした。

【近況その2】

耕養庵の壁の一部は書や絵画の展示スペースになっています。
ここにはその季節に合った絵画が飾られるのですが
今、この場所には若狭地域の小・中学校の生徒さんの力作が飾られています。
これらの書は「若狭偉人顕彰書道展」甘露賞の入賞作品です。
小学生の作品は元気一杯の子どもらしさ溢れる作品ですが、
中学生になると急に大人顔負けの達筆になり、その対比がおもしろかったりします。

kannrosyou.jpg

耕養庵にお越しの際はぜひご注目下さいませ。