FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初釜

お久しぶりのモーリーです。
去る1月23日耕養庵の一大イベント「初釜」が行われました
「初釜」とは新春を迎えて初めて開く茶会の事を指します。

RIMG1476.jpg
お茶室写真 

床
お茶室の床の間はこんな感じ
 
お茶室には卜伴椿と鑞梅を生けた白磁の花入れが飾られました。
この白磁の花入れはふるさとの陶芸家 竹中浩氏の作品です。
(京都府無形文化財に指定されたスゴイ方
白い陶器はうっすら青みがかっていて凛とした清々しさを感じさせてくれます。
ちなみに掛け軸の横のひょろーんとした植物は柳です。
裏千家では初釜に必ず飾るものだそうです。

主菓子は花びら餅と、丸い麩焼き煎餅に白小豆餡をはさみ
今年の干支「龍」の焼き印を押した干菓子の組み合わせで、
耕養庵での初釜の席に用いるのが恒例になっています。
新年を祝うのに大変おめでたい菓子です。
どちらもお抹茶によく合うあっさりしたお菓子です。

あいにくの雨模様でしたが、松市長や池尾市議会議長、常高寺の澤口輝禅住職ら7人のお客様をお招きして行われたお茶会は、去年開かれた「小浜常高寺茶会」や「小浜食のまつり」に来場した大関琴欧州などの話題で盛り上がったようです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。